NEW POST

心が柔らかくなる1冊/木村秋則「リンゴが教えてくれたこと」

こんばんは!
復活していたにも拘らず多忙を理由に更新出来ずスミマセン!
優先順位として、どうしてもブログが後回しになってしまって……。
まだ十分に冬を堪能していないのに早くも春ですか……。
今期1年間は少し無理をしつつ仕事をこなしながら、
(こなせていたかどうかは疑問ですが・汗)
OJTで学んで身につけようとしてきたつもりですが、
来期からは加減しつつ、ちゃんと勉強の時間を取りたいなと思っています。

さて先週は「すぽすたちよだ」の野菜ソムリエのヘルシークッキングにご参加下さった皆様、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
……って、ご参加の方々にこのブログの存在お教えしてないのに、
ここでお礼を言うのって、どうなのだろうか?

ところで皆さんは女性誌やファッション誌を買われますか?
私は着る服や何かイロイロ行き詰まった時、たまに買うのですが、
先月は講談社のGraziaを。
まぁ今の季節、もう服とか買う余裕ないので、
市川海老蔵×茂木健一郎・熱中対談『「奇跡のりんご」の創り手に会いに』を見たかったというのが購入理由。b0143531_20212321.jpg
ご存知の方も多いと思いますが、「奇跡のりんごの造り手」というのは、
不可能といわれていたリンゴの無農薬・自然栽培に成功した木村秋則さんのこと。
木村さんの代表的な著書「リンゴが教えてくれたこと」(日本経済新聞出版社刊)は
以前、書評で見掛けて欲しいなと思っていたものの、しばらくすっかり存在を忘れていたのですが、
先月ちょっと寄った新宿の紀伊国屋書店の棚に平立てになってたのです。
その時は、他に読まないといけないモノがいっぱいで……
と、一瞬迷ったのですが、
手に取って表紙の折り返し部分に載っている木村さんの笑顔を見て、すぐに買ったのです。
こんな笑顔が出来るなんて、すごいと思いました。
それ以来、私は木村さんのファン。
こんな顔が出来る人は本物だと思いました。
この本は、木村さんがリンゴの無農薬栽培を始め、厳しい現実との闘いを経て、遂に収穫に至るまでの約10年に渡る辛く深い日々を綴ったものです。
書かれていることを要約すると、
仕事の心構えや生きる上で本当に大切なことなど、シンプルな内容なのですが、
それが他の本にはない説得力でじんわり染みてくるような、木村さんがゆっくりお話ししてくれる声が聞こえてくるような、そんな本です。
第1章「木村、やっと花が咲いだよ」
……壮絶な苦労や厳しい闘いが描かれているのに、
木村さんの人柄でしょうか、
悲惨さよりも温かさが心に広がり、気持ちが柔らかくなる。

皆さんも、特に食べものにご興味のある方、
そして私のように、いま心が荒んでるな〜と感じている方、
ぜひ表紙を捲って木村さんの笑顔に会ってみて下さい。
[PR]
Commented by Sachiko at 2010-03-02 15:23 x
おおーーーよさそう!
早速買って読みます♪
いいねーーー私は一つのことを持続してお仕事をしたことがないから、こういう人ってすごく憧れるのです。
Commented by nacchin at 2010-03-05 19:04 x
木村さんの奇跡のリンゴ、以前からTVで特集されてますね。先日もプロフェッショナルで観て、感銘を受けたので、平積みの本は、同じ内容なのかな・・・と思い買いませんでした。心が荒んでいる時の一冊か~、わ~、迷ってきた~(~~;) 次に本屋で見かけたら買ってる可能性大。
Commented by yukazou-t at 2010-03-10 01:48
さっちゃ〜ん!
すみませんすみませんすみません、
こんなお返事遅くなってしまって、
さっちゃん読むのが早そうだから、もう読み終わってるかも(汗)
ひとつの事を続けるってすごいよね、やり続けるって勇気要るよね。
私はすぐ泣き入って止めちゃうから、本当にこういう生き方は尊敬します。
このモチベーションと強さは、一体どこからくるのだろう……。
さっちゃんの答え、読んだら教えて下さい。
Commented by yukazou-t at 2010-03-10 01:55
nacchinさ〜ん!
すみませんすみませんすみません、
お返事遅過ぎですみません!
うん、「プロフェッショナル」出演されてましたね。
実は私は少し、こう思ってたんです。
……こんな風に頑張っている人は同じ農業に携わる人の中に沢山いるはず。それを木村さんだけにスポットを当て、天才扱いすることには、ちょっと意義有り……
と。
でも、この本の写真の笑顔を見て、つい買ってしまいました。
木村さんのファンだけど、
メディアの取り上げ方への前述のような気持ちは、今でもあります。
ただ、本気の人は、メディアの扱いに関わらず、本物であることに変わりないし、木村さんは本物だと思う次第であります。
nacchinさんはどう思います?
またお会いしてこういうことも色々お話ししたいデス。
講座がんばって下さい。
またメールさせて貰います。
Commented by nacchin at 2010-03-17 08:21 x
メディアの取り上げ方、私も時々、疑問を感じることがあります。新しいこと、新記録、新発見、特別な取り組み等、記事にしやすいですよね。そういえば、昔フードライター養成講座で勉強中、宿題のラーメン特集記事で、編集長に注目されたくて、麺工場併設のこだわりラーメン屋さんを特別扱いしたりしました。でも、店長は皆それぞれ独自のこだわりを持たれているんですよね。
木村さんの話に戻りますが、農薬を一切使用しない農法は、非常にリスクを伴うことも知りました。木村さんのメディアの取り上げ方で、まるで農薬の使用=悪いことにならないか、も危惧しています。すっきりしない中、以前、別のTVで、ミシュラン三ツ星店へも出荷している農家の方が、『人間が予防接種を受ける様に、野菜にも良いタイミングで農薬を与えると、強くて丈夫に育つんです。農薬は必要です』とおっしゃってました。すっきりしました。またVFメンバーでこんなことも色々お話したいですね!また是非集まりましょう~♪
Commented by yukazou-t at 2010-03-25 21:47
nacchinさん
ラーメン特集の件、私も耳が痛いです(^^;)
みんな一生懸命やっている、
でも結果や評価が変わってくるのはなぜなんだろう。
成功するってどういう意味なんだろう。
生活のあらゆる場面で、そういうこと考える時がありますね。
農薬は悪い、有機ば安全、など偏った考え方を助長するような情報も多いのが私も気になります。
ほんと、お話尽きないですね。
8月頃まで帰れそうにないのですが(><)またお会い出来るのを楽しみにしています〜♪ 
by yukazou-t | 2010-03-01 19:20 | 心の栄養にこの一冊 | Comments(6)

シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31