NEW POST

青森県の「日本一健康な土づくり」

こんばんは!

今朝の空は、青の濃い、気持ちの良い秋空でしたね。
先月半ばに青森に伺った時は、32℃という東京に負けず劣らずの暑さでしたが、
今頃は青森も肌寒くなっているのでしょうか…・・。
b0143531_0534346.jpg
東京に戻ってすぐ、
ゆめりんごファームさんの「葉とらずつがる」が、
滝吉農園さんの「嶽きみ」が、
沢山届きました。
しかも段ボール箱が、こんなにカワイイ!
b0143531_0544523.jpg

10月末に野菜ソムリエ協会で開催されるワークショップでの
レシピを試作させて貰うためです。
しかし、美味しそうで、ついそのまま皮ごとパクパク......
試作前にだいぶ減ってしまいました、すみません!

普段から無精者の私が、
リンゴの皮も剥かずにモリモリ食べられてしまうのは、
「日本一健康な土づくり」の中で育てられたリンゴだから。

青森県は平成19年からずっと
「日本一健康な土づくり」運動を推進していて、
土壌診断を実施し、独自の認定基準を設けています。
(ちょっと写真では認証の文字が見えにくいですね……スミマセン)
b0143531_111034.jpg
例えば、化学肥料や化学合成農薬を不使用とするか、または、
一般的な地域の栽培方法に比べて使用回数を50%以下に減らすなど。
農業は、種蒔きから――事によっては種を蒔く前から――収穫まで
長い時間が掛かり、天候から水や肥料の割合から、何から何まで計算し尽くさなければならない、多様な能力を要求される仕事であり、農家それぞれに事情も環境も違います。
にもかかわらず、現在では県下生産者の約9割が、
県の「日本一健康な土づくり」を実践するまでになっていると伺いました。

もちろん、滝吉農園の「嶽きみ」も「日本一健康な土づくり」から生まれています。

自治体主導で、官民が一体となって協力し合い、
農業の取り組みが継続されているのは、
全国でも非常に珍しいことなんです。

最近は様々な情報が錯綜して、
野菜や果物に対して不安を抱えている方も多いと思います。
そんな中で、
安心して食べて貰えるよう、毎日、毎年、
思いと努力を重ねて育成に励んでいる生産者の方々がいることを、
これから色々な形でお伝えしていければと思います。

今回の旅行で学ばせて頂いたことは
10月29日に日本野菜ソムリエ協会 渋谷本部で開催される
「青い森の黄色い野菜と赤い果物 ~日本一健康な土づくりで育まれた青森の食を学ぶ~」
にて、「青森県『日本一健康な土づくり』応援サポーター」の野菜ソムリエ3人からも発表させて頂きます。
よろしくお願いします。
[PR]
by yukazou-t | 2012-10-01 23:52 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

野菜ソムリエ上級Pro.田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by 田上有香
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30