「ほっ」と。キャンペーン

シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:ウチゴハンでcharge( 16 )

あけましておめでとうございます。
旧年中は不定期更新にもかかわらず寛大にお付き合い下さり
眞にありがとうございました。
今年はTwitterと連動して、少しやる気を出してみます。
本年も変わらぬお付き合いを何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、今年も3日ぐらいにパパパというかダラダラというか作ったおせちもどき。
今年は、香港時代の友達が作ってくれた陶器のお重。
丸くて葡萄が描かれている2段重ねです。
b0143531_995768.jpg
和風ローストビーフ
半熟煮たまご
(ローストビーフのタレに一緒に入れます)
鶏の唐揚げ
エビチリ
高野豆腐と干椎茸の煮〆
数の子の松前漬け和え
酢蓮根
ブロッコリーのテリーヌ・・・を型に詰めるのさえ面倒だったので、生ハムで巻いただけ
ブロッコリーのテリーヌは12月の小学館集英社プロダクション「お昼のベジフル・ブレイク」でお出ししたもの。

手前のウサギは
ベネチアンガラス発祥のイタリア・ムラノ島で作られた「ムラノグラス」。
フォーシーズンズ椿山荘でニューイヤーギフトに貰いました。

今年の初夢が、ものすごく幸先悪かったので、ご報告します。
悪い夢は人に言う方がいいんですよね?
・・・仕事でいつもご一緒している方と打合せをしていました。
(いきなり仕事の夢というだけでも、かなり良くない)
・・・私が「じゃあ締め切りの23日に提出します」と言うと相手の方が
・・・「締め切りギリギリに出すのはナシってことに・・・今なりましたよね」
(ちょっとスリムクラブ風に、かつとても冷ややかに)
どきーーーん!として気が遠くなると共に目が覚めました。
こんな初夢を見ていて、私大丈夫なんでしょうか?
大丈夫なんでしょうか?

せめて「いえ、なってませんよ?」と言ってから目覚めれば良かった(T_T)
今年もより良い一年になりますように・・・。
[PR]
by yukazou-t | 2011-01-06 09:08 | ウチゴハンでcharge | Comments(2)
怠け者の私が珍しくハーブを育てた……訳ではなく。
b0143531_205820.jpg
仕事でお世話になっている方から、生のローズマリーを頂いたのです!
神保町に本社のある株式会社小学館集英社プロダクションには、なんと都会の真ん中にもかかわらず(都会の真ん中だから?)屋上菜園があるのだそうです。
素晴らしい!
ぜひ私も一度伺ってみたいものです。
その屋上菜園で穫れたローズマリーです。
松みたいですね。
新鮮で、松の枝のようにシッカリしています。
でもローズマリーはシソ科ですよ。
b0143531_2052537.jpg生のローズマリー、しかも自家製、なかなか貴重でもったいなくて使えません。
まずはケチケチと半分だけちぎって鶏肉に揉み込み、昔ハワイで買って以来これまたケチケチ使っているハーブソルトも揉み込み、粉ふきいもと一緒にこんがりソテーにして晩ご飯に頂きました。


メニューは
鶏肉のハーブ焼き・ローストポテト、プチトマト、イタリアンパセリ添え
ソーセージ(市販……ええ市販ですとも)とブロッコリーのガーリック炒め
牡蠣とコマツナのクリームシチュー
です。

ドライのローズマリーはよく使っているけど、生の香りと風味は格別ですね。
しかもローズマリーの香りは、気分をフレッシュして若々しさを保つアンチエイジング効果があるそうですよ。
屋上菜園では自家製のハーブでハーブティなど召し上がっていらっしゃる様子。
なんてシアワセな職場……羨まし過ぎる!

ところで、どなたかステキで賢い野菜ソムリエの方、農業に携わっていらっしゃる方、上記の屋上菜園ブログをご覧頂いてスティックセニョールの栽培法をコメント差し上げて下さい。
私もブログの写真を拝見するだけでは分からないのですが、側葉とか側枝とかもうちょっと間引く?屋上だし、予想以上に排水がスムーズに行われてないのかな……。
すみません……私、「生産」の点数がイチバン悪かったもので(汗)アドバイスよろしくお願い致します。
[PR]
by yukazou-t | 2010-02-05 19:12 | ウチゴハンでcharge | Comments(8)

寅年アイテム

毎度遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

b0143531_22465517.jpg師走は20日ぐらいから俄に忙しさが加速し、
仕事の締め切りを自ら24、25日に設定してしまったため、クリスマスどころでもなく
そして、年末にじぃちゃんが亡くなってしまったので、
予定外に帰省して、今週になってようやく東京に戻って参りました。
祖父はもう90歳で、家族に見守られてゆっくり余生を過ごし、
安らかな最期だったと思うので、さして悲しくもないのですが、
クリスマスもお正月もなかった年末年始。
そんな年末に届いたのが、講座をご受講下さった方からのプチギフト。
セリーヌのハンカチですが、ちゃんとトラ!
かーわーいー♪
とっても和みました。
こういういつものアイテムを、さり気なく干支にするとお洒落です。
ありがとうございました!
b0143531_2249163.jpg
そして年明けに、少しでもお正月気分をと思って一応作った「おせちもどき」。
ひとつひとつに謂われがあり、詰め方にも決まりがあるお節料理ですが、
もう好きなように作ってます(汗)
田作りは作るのが面倒でナシ、数の子も買ってなかったのでナシ、
でも伊達巻きだけは好きなので買ってきました。
唯一雰囲気を出してくれているのが、紅白のかまぼこ。
簡単で使い回せて日持ちのする塩蓋を作って厚めにスライス。
レンコンはキンピラにして胡麻和えに。
真ん中の伊達巻きの重に入っているのが
関東ではあまり使われないらしい八幡巻き。
海老はエビチリに。
b0143531_22511340.jpg
黒豆だけはちゃんと年末からラム酒に漬けてあったので、
クリームチーズと一緒にミニタルトにしました。
タルトはもう一種類、きんとんに栗ではなくシナモン風味の焼きリンゴ。
また個人的に好きな高野豆腐を、椎茸と一緒に煮染めて、玉コンニャクと里芋を煮っころがし、あとは唐揚げと味付け煮卵。
色添えに、安くなっていたスナップエンドウを塩ゆでにしてところどころに。
黒米を混ぜて炊いた、ほんのりピンクのご飯をおにぎりに。
以上!
今頃お節の内容を報告されたって何の役にも立たないですよね…すみません。

という調子で遅くなってしまいましたが、
本年もどうぞよろしくお願い致します。
じぃちゃんも見守ってくれてます。
新年が皆様にとって、そして私にとっても、
より幸せな1年となりますように…。
[PR]
by yukazou-t | 2010-01-08 20:57 | ウチゴハンでcharge | Comments(8)

美味リサイクル

こんばんは!
おかげさまで、先日の武田由季さん「野菜ソムリエ直伝 簡単おいしい野菜生活」、なんとかアシスタントを終えさせて頂きました!
有楽町イトシアの「リーフテラス」って、落ち着いたとても素敵なスペースなんですよ。
色んな講座が催されてますが、次回の武田さんの講座は今月27日の月曜日。
野菜や果物の楽しくてタメになるお話を聞いてリラックス、美味しい試食と素敵なレシピ付きでハッピーになれる講座です。
週の初めにお気に入りの講座があると1週間を元気に過ごせそう。
今度の野菜は何かな?楽しみデス。

今回の緑の夏野菜というのは、ご想像通りゴーヤ。
試食レシピの「ゴーヤのゴマ&シーチキン和え」と「ゴーヤのピクルス」を、ちょっと分けて貰ってきました(笑)
「ゴマ&シーチキン和え」は帰宅後早々クラッカーにのせて早速夜食に。
b0143531_032369.jpg
少し残った分は翌日、ショートパスタを茹でて、生クリームと卵、コンソメと塩コショウを足して、カルボナーラ風に黒胡椒をたっぷりかけて私のランチになりました。
もともとツナの旨味にゴーヤの苦味がほどよく効いているレシピなので、パスタにしてもすごくおいしかった♪


「ピクルス」は、ものすごいゴーヤ嫌いの夫が喜んで食べていた!
正直なところ、彼にゴーヤはもう無理だと諦めかけていたのに…よかった!!
昨夜はクリームチーズと一緒に生ハムで巻いて食前のおつまみに。
武田先生のアイデアに習って、今夜は刻んでタルタルソースにしてみます。

という風に最近私の中では食品リサイクルが流行り。
肉じゃがをコロッケとか=「肉じゃがは肉じゃがとして食べたい」と言われた。
きんぴらゴボウを卵でとじてベーグルに挟んでブランチ=これは大好評。
インゲンと挽肉の味噌炒めをご飯と一緒に炒めてジャンバラヤ風に、ざく切りレタスとふわふわスクランブルエッグを添えて、ワンプレートランチ=何も言われなかったが、イマイチだったようだ。
毎日のご飯には苦労するよね…。
ちなみに本来の「食品リサイクル」は食品リサイクル法で言われるところの、食品廃棄物の排出抑制と資源としての再利用を考えるということを意味します、念のため。
[PR]
by yukazou-t | 2009-07-01 00:46 | ウチゴハンでcharge | Comments(0)
あ〜あ…仕事と爆睡で過ぎてしまった三連休。
休日のゴハンは炒飯、ラーメン、焼きそば、あたりのローテーションで飽きもしないB級テイストな我が家は、今日もラーメン。b0143531_23311410.jpg
お天気で日中まだまだ汗ばむ季節は、「冷やしラーメン」です。
最近でこそコンビニなどでも見掛けるようになった冷たいラーメンですが、我が家では10年以上前、香港にいた頃から定番で、しかも麺の本場にいたくせにインスタントラーメンで。
インスタント独特の縮れたムニムニ食感に、子供時代〜青春の懐かしさを感じるのは私だけでしょうか。
まぁとにかく、ただのラーメンながらサラダ並みの生野菜がたっぷり摂れる!

1 載せる野菜と具を用意する
 (胡瓜やレタスの千切り、玉葱のスライス、サッと湯がいたモロヘイヤ、トマトなどが好相性。あとは茹で卵や温泉卵、葱のみじん切り、メンマ、椎茸など)
2 鍋にたっぷりの湯を沸かし、インスタントラーメンを袋の表示通り茹でる
3 器にインスタントラーメン付属の粉末スープを少量の湯で溶き、冷水で好みの濃さに薄める
4 茹で上がった麺を冷水で締めて、3に盛り、上に1を盛りつける


…こんなの「レシピ」じゃないケド(汗)
胡麻をたっぷり振りかけて頂くと、栄養バランスもバッチリです。

私は11月上旬ぐらいまでは、この冷たいラーメンですね。
[PR]
by yukazou-t | 2008-10-13 23:14 | ウチゴハンでcharge | Comments(0)

何でも旬がいちばん。

野菜ソムリエの勉強を始めた頃から、どのお皿にもとにかく野菜を入れるようにしている、我が家の食卓です。
b0143531_0533745.jpg8月上旬の今夜は…
アサヒスーパードライ
千葉県産黒枝豆
ポテトコロッケ
レタスの千切りとミディトマト添え
鰹のタタキサラダ
モロヘイヤの胡麻浸し
(写ってないけど)自家製胡瓜のニンニク醤油漬けで冷茶漬け


仮にもタイトルに「食卓」と付けているので、たまには食卓風景を載せないとマズいんでしょうね…と思い、一度挫折したカテゴリーを再生…とほほ。

仕事帰りにボーッと食材買ってたら、思いっきり旬を外した「鰹」のタタキを買ってしまいました…あ〜やってしまった!
美味しい「戻り鰹」は9月半ば。覚えておきましょう。
だから鰹の下にはスライス玉葱、上にはオクラたっぷりでサラダにして、鰹本来の味を誤摩化します。ええい、少しだけ残っていたベビーリーフも入れとけ!…というカンジで(汗)。

今夜は7時から日テレの「恐怖!フシギ!本当に起きた有名人最恐怪談」をじっくり観たかったので、コロッケのタネは昨夜作っておいて冷蔵庫へ。
しかし、大して怖くなかった…残念。
しかもタネが乾燥してしまったせいか、揚げる直前に手で持ったら崩れてしまいました…
が!適当に丸め直して、パン粉を重ね付けたら、ほぼわかりません!(え〜っ?)いいえ、たぶん全然大丈夫!!庶民の味方コロッケ万歳!!
(ああ、「淑女の」食卓なのに…)

コロッケには千切りキャベツでしょ…かも知れませんが、今は高原レタスが旬で美味しいのでレタスの千切りにしましょう。旬だと安いし!
千切り=包丁を使うと、レタスの持つ酵素により刃の当たった切り口が茶色に変色するので、切ったらすぐにレモンの絞り汁をまぶしておきましょう。つまり「酸」により変色を防ぐので、少量のお酢やドレッシングでもOK。爽やかな黄緑色に暑さも和らぎますね!

改めて写真を見て気づきましたが、千切りの割りに太すぎ…かも。
[PR]
by yukazou-t | 2008-08-07 23:47 | ウチゴハンでcharge | Comments(4)