シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:幸せになる野菜・果物( 36 )

こんばんは……。
今月の半ばぐらいから
昼夜逆転生活になってしまっているんですが……。
色々と出掛ける機会が多く、
今月の初めには
日本野菜ソムリエ協会渋谷本部で開催された
「福島の美味しい野菜とくだものを味わおう!~実りおおき福島~」
に行ってきました。
b0143531_433544.jpg
日本野菜ソムリエ協会「チームふくしま」の方々が企画された勉強会で
タイトル通り、福島県の実りをたっぷり味わえる内容。
大賑わいでした。
もちろん、食べにだけ行った訳ではなく!
安全を届けるための現場の取り組みを
福島県東京事務所 企画交流課主査(農産物流通担当) の齋藤浩光氏から教わりました。
公益財団法人福島県観光物産交流協会 ふくしま市場店長の櫻田武氏からは
福島産農産物の好調な売れ行きについて、心温まるエピソードを交えてお聞きし、
その後は店長みずからが調理デモンストレーションをされたのですが、
これがすごくて!
b0143531_4335862.jpg楽しいトークが途絶えることなく手元は動き、
どんどん出来上がっていきます。
私も調理実習をさせて頂く機会は多いのですが、
喋りながら作り続けるというのは結構難しいんですよね。
こんな風できるようになりたいです……。
桃も次々きれいに剥かれて、
剥くそばから皆が食べていきます。

b0143531_4373130.jpgそして出来上がったお料理はどれも美味しいのですが、
中でも、このいんげんのチーズ焼きが絶品。
インゲンマメは青味のある豆っぽさが苦手な人もいると思うのですが、
このチーズ焼きは、ぜんぜんそんなことなくて、
味わいがまろやかで豆の風味が爽やか!
レシピ教えて欲しいですー。
b0143531_4524195.jpg
他にも福島県産の野菜や果物、
郡山ブランド野菜協議会あおむしくらぶの野菜ふんだんに使った
美味しい試食が盛りだくさん。
食べにだけ行った訳ではないと言いながら、
食べ物の写真しかなくてスミマセン!
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-21 04:53 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

桑の実ソーダ

こんばんは!
9月ですが、暑いです。
いっときは晩夏の涼しさを感じて、
過ぎ行く夏を名残惜しむ気持ちになった頃があったというのに、
まだまだ暑いです。
b0143531_1325253.jpg写真は、この夏の始めに参加させて頂いた
農園パーティでいただいたジャム。
キイチゴみたいですねー。
英名はマルベリー。
日本ではこの葉が古来から蚕の餌として重要な作物でした。

というわけで、これは桑の実のジャムです。
(あ、最初にタイトルで書いてたわ・笑)
日本に昔からある植物だというのに、
桑の実の実物を見るのは初めてでした。
甘酸っぱくて、味自体はサラッとしていて 素朴で美味しい。
瑞々しくて一度に沢山食べられます。
アントシアニンも豊富で栄養価が高く、
昔は飛脚や旅人にとって道中での栄養源だったとか。

農園パーティでお裾分けして貰って
家でソーダで割ったりして大切に食べていました。
旬は春~初夏のようですが
「赤とんぼ」の歌詞にも出てくるので…という理由で
今頃のご紹介(笑)

残暑厳しいですが、
水分と栄養をしっかり摂って、
夏の疲れに負けないように。
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-01 23:13 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
こんにちは!
うー。もう6月になってしまいました……。

先月は久々に「野菜ソムリエによる野菜教室」に参加しました。
「2012年度青森県野菜ソムリエ応援サポーター」として
ご一緒した荒井さなみさんが
「丸ごと学ぼう♪レタス」の講師として登壇されたから。

珍しい品種のレタスが13種類も!b0143531_13233843.jpg





さなみさんのレタスへの愛情と
講座への熱意が伝わってきて、勉強になる!
日頃から馴染みの深い野菜であるレタスも、
沢山あるとすごく華やか。

b0143531_13262589.jpg
欲しいなぁ~と思った珍しい品種、
グラデーションが綺麗で、
苦みがサラダのアクセントになりそうな
「レッドオーク」。






b0143531_13291129.jpgいつも食べているはずの「グリーンリーフ」も
なんだかやたらと鮮やかで美しくて、
甘みがあって美味しいの。


b0143531_13305872.jpg








レタスの食べ比べの後には
美味しくて素敵なレシピの試食が2品あったのですが、
撮影せずにさっさとパクついてしまってゴメンナサイ。
オキニイリの「レタスいなり」を
日曜日のブランチとして自宅で再現してみました。
前夜の残りの牛蒡とアスパラのサラダと、
プチトマト、卵焼きと一緒に。
ごちそうさまでした♪
[PR]
by yukazou-t | 2013-06-03 12:58 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

津軽野菜オータムポエム

こんばんは!
このあいだ新宿伊勢丹で「津軽野菜」と記されたオータムポエムを見つけたので、買ってみました。
b0143531_0373751.jpg「オータムポエム」は、アスパラ菜の品種名。
冬~春にかけてが旬。5月ぐらいまで出回り、美味しく頂けます。
葉物野菜でありながら、アスパラガスのような甘みがあり、アクもなくてとっても食べやすいのです。
なんか馴染みのある味だな~と思ったら、これ、中国野菜の「菜心(チョイサム)」なんですね~。
私は香港で結婚生活を始めたので、自宅での調理食材としては中国野菜に馴染みがあるのです。
b0143531_039194.jpg
ちょうど家にあったしめじと一緒に胡麻油でさっと炒めて塩コショウ、少しの醤油で味付けしたのですが、なにかもうひとつ味が足りない…
あ~!最初ににんにくを炒めておけばよかったのか……
と思ったときにコレです。
十和田おいらせミネラル野菜のTOM-VEGEさんで頂いたプレミアムにんにくパウダー。
調理の最後にサッと振りかけ、ひとまぜするだけで手軽ににんにく風味がついて、お料理をバージョンアップ。
ニンニクみじん切りを炒めるのが面倒…とか、忘れた…とか、そんな時にも大活躍。
[PR]
by yukazou-t | 2013-04-20 23:24 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
おはようございます
…の時間でしょうか?

昨日は日本野菜ソムリエ協会で開催された
野菜コンベンションの日。
食に関わる様々な立場の方に
各地の農産物を
その地の自治体のご関係者や生産者の方々と共に
ご紹介し、交流と販路を広げて頂くイベントです。

私は青森県ブースをお手伝い。
b0143531_456273.jpg
今回の出展は
ふかうら雪人参。
絞りたてのフレッシュ人参ジュースにして
ご試食頂きました。

材料:ふかうら雪人参。
以上。

私が言うのもナンですが、
人参としての想像を遥かに超える美味しさでした。

収穫期を遅らせて雪深い土の中で完熟させ、
厳しい寒さの中、
雪を掻き分けて手作業で収獲される、
生産者の優しさがそのまま形になっているように感じました。

人参だけとは思えないまろやかさ、
人参の味は濃いのに、
さらりとした香りと
自然な甘みのジュース。

そして、そのまま食べても、
ジュースとまったく同じ味です。
気合いの入った人参って、ともすれば
凝縮された重さや鋭さみたいなのが
前面に出ちゃう気がしますが、
ふかうら雪人参は、
濃いのに、なんか穏やかなんですよねー。
そういう感じが青森県らしくて好き。

b0143531_4571819.jpg昨日はブースに立つよりは、
バックで黙々とジュース作っている時間が長かった私。
大量の人参を切っていると、
普通ならば人参独特のキツイにおいが
作業中の鼻を突くのですが、
ふかうら雪人参は
全然そんなことなかったんですよねー。
なのに味は濃いから不思議。

今回で3回目を迎えた野菜ソムリエコンベンション。
様々な産地や職種の方々とお会いすることができ、
野菜ソムリエ同士の交流と勉強の場にもなり、
賑やかでとても楽しかったです。
次回もぜひまた沢山の方にお越し頂けると嬉しいです。・
[PR]
by yukazou-t | 2013-02-15 04:54 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

野菜教室・じゃがいも

おはようございます!

今週は野菜ソムリエ協会・渋谷教室で、
昨日の記事でセンチュリーコートにご一緒した
仲良しの野菜ソムリエ・知久幸子さんの「野菜教室・じゃがいも」あるので
すごく行きたいと思っていたのですが……当日は別の研修があるため断念。

野菜ってひとつの品目で色々な種類があるので、
自分も野菜教室開催にあたって準備する時は
改めて感心するのですが……
「じゃがいも」も特に沢山の種類があって、
調理方法やメニューによって使い分けが利いて面白いです。
そんなじゃがいもの食べ比べももちろんですが、b0143531_1041558.jpg

野菜ソムリエ×ファミリーマートのコラボパスタも監修していた知久さんは、
お料理がとっても美味しいので、試食レシピが楽しみ。





b0143531_10443411.jpg
ご試作中の
「キタアカリ」というじゃがいもにアボカドを合わせたグラタンとか
と~~~っても食べたいです。

とても行きたかったステキな講座なので、ご紹介します。

日時 10月19日(金) 13:00~15:00
場所 協会本部 渋谷B教室
お申込み・詳細は以下の野菜ソムリエ協会サイトから。
http://vf.way-nifty.com/lesson/2012/09/1019-a43a.html
または
野菜ソムリエによる野菜教室事務局までお電話にて。
03-5489-1131(平日10:00~18:00)

知久さんは青森県応援サポーターの頼りになる先輩としてご活躍で、
「漫画でわかる野菜と果物~べじまん~」の調理サポートも担当して頂いた
笑顔がすてきな癒し系。
昼下がりに、ゆっくりアットホームな雰囲気で、
ぜひご一緒に野菜・果物の魅力を楽しんでいらして下さい~。
[PR]
by yukazou-t | 2012-10-15 10:14 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(2)
こんばんは!

今朝の空は、青の濃い、気持ちの良い秋空でしたね。
先月半ばに青森に伺った時は、32℃という東京に負けず劣らずの暑さでしたが、
今頃は青森も肌寒くなっているのでしょうか…・・。
b0143531_0534346.jpg
東京に戻ってすぐ、
ゆめりんごファームさんの「葉とらずつがる」が、
滝吉農園さんの「嶽きみ」が、
沢山届きました。
しかも段ボール箱が、こんなにカワイイ!
b0143531_0544523.jpg

10月末に野菜ソムリエ協会で開催されるワークショップでの
レシピを試作させて貰うためです。
しかし、美味しそうで、ついそのまま皮ごとパクパク......
試作前にだいぶ減ってしまいました、すみません!

普段から無精者の私が、
リンゴの皮も剥かずにモリモリ食べられてしまうのは、
「日本一健康な土づくり」の中で育てられたリンゴだから。

青森県は平成19年からずっと
「日本一健康な土づくり」運動を推進していて、
土壌診断を実施し、独自の認定基準を設けています。
(ちょっと写真では認証の文字が見えにくいですね……スミマセン)
b0143531_111034.jpg
例えば、化学肥料や化学合成農薬を不使用とするか、または、
一般的な地域の栽培方法に比べて使用回数を50%以下に減らすなど。
農業は、種蒔きから――事によっては種を蒔く前から――収穫まで
長い時間が掛かり、天候から水や肥料の割合から、何から何まで計算し尽くさなければならない、多様な能力を要求される仕事であり、農家それぞれに事情も環境も違います。
にもかかわらず、現在では県下生産者の約9割が、
県の「日本一健康な土づくり」を実践するまでになっていると伺いました。

もちろん、滝吉農園の「嶽きみ」も「日本一健康な土づくり」から生まれています。

自治体主導で、官民が一体となって協力し合い、
農業の取り組みが継続されているのは、
全国でも非常に珍しいことなんです。

最近は様々な情報が錯綜して、
野菜や果物に対して不安を抱えている方も多いと思います。
そんな中で、
安心して食べて貰えるよう、毎日、毎年、
思いと努力を重ねて育成に励んでいる生産者の方々がいることを、
これから色々な形でお伝えしていければと思います。

今回の旅行で学ばせて頂いたことは
10月29日に日本野菜ソムリエ協会 渋谷本部で開催される
「青い森の黄色い野菜と赤い果物 ~日本一健康な土づくりで育まれた青森の食を学ぶ~」
にて、「青森県『日本一健康な土づくり』応援サポーター」の野菜ソムリエ3人からも発表させて頂きます。
よろしくお願いします。
[PR]
by yukazou-t | 2012-10-01 23:52 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
こんばんは!
急に秋の気配を感じるようになりました。
もう9月も下旬ですもんね。

先ほど、偶然にも友達から「弘前の友人から『嶽きみ』が届いた!」との知らせを受け、
(偶然なのか、友達が弘前のご友人にねだったのか、定かではありませんが)
私は直接関係ないのだけど、なんか嬉しい気分になっています。

さて先日の青森視察旅行では
リンゴの果樹園に津軽ゆめりんごファームさんへもお連れ頂きました。
b0143531_1531279.jpg
色づき始めたリンゴが青空に映えます。

b0143531_1551875.jpg








太陽の光をいっぱいに浴びた鮮やかなリンゴを、その場でもいで食べさせて貰いました。
樹からもぎたてのリンゴを皮ごとかじると、瑞々しい果汁がすごくて、味わいが濃くて、ほんとに美味しかったです。






最近「葉とらずりんご」というリンゴの名前を聞いたことがある人も多いのでは?
ゆめりんごファームさんも「葉とらずりんご」を育てています。
一般的に多くのリンゴは、
ムラなく赤く色づくように実全体に日光を当てるため、
実のまわりの葉を摘んでしまいます。
一方、葉を摘まずに、文字通り「葉とらず」の状態で育てると、
実は収獲の直前まで、まわりに茂った葉から十分に栄養を取り入れることができ、
甘みが濃く、より美味しくなるというのです。

b0143531_312789.jpg
リンゴ園でリンゴを頂いた後は、りんごジュースの飲み比べ。
リンゴの品種によってこんなに味が変わるなんて、普段は気づきません。
甘みが強かったり、酸味が強かったり、まろやかだったり、さっぱりしていたり、コクがあったり。
私は個人的には、甘酸っぱい紅玉のジュースがいちばん好みでした。

b0143531_242830.jpg青森県弘前市はリンゴの生産量が日本一のリンゴの町。
「ひろさき アップルパイ ガイドマップ」というのもあって、
50種類近くのアップルパイが美味しさを競っています。
アップルパイ大好きなので、市内を巡って食べ比べしたい~と思いつつ、
当然そんな時間はなかったのですが、
親切な県のご担当者の方が買ってきて下さって感激。
ホテルでゆっくり、夕食後にもかかわらずペロリといただきました。
[PR]
by yukazou-t | 2012-09-24 00:24 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
こんにちは!
前回の記事で、ダイエット~とか張り切っていたのですが、
実は先月末から、現在進行中の仕事のプレッシャーのせいか、
胃に激痛が走るようになりまして(苦笑)
絶対に胃潰瘍だと思ったのですが、胃カメラで調べても全くキレイな胃でした。
神経性胃腸炎とか......そんな繊細なカラダではないはずなんですけどね(笑)

とはいえ、食べなければいけないときは食べ、
食べるときは一応ダイエットを念頭に置き、
食べられない時は、出来るだけ生ジュースを作って飲むようにしてました。

しかし、ダイエットっていう言葉があまり好みではないので、
ボディメンテナンスとか、ボディメイクとか言うようにしようと思います。
b0143531_1348672.jpg
今月の初旬に近所の八百屋さんで「ピッテロビアンコ」を見掛けたので、
旬には少し早かったのだけど、よく食べてました。
8月下旬頃から出回る、皮ごと食べられる葡萄。
別名「レディーフィンガー」と呼ばれる、細長い形、ジューシーで酸味が少ない、ので食べやすいし。
食欲はあるんだけど、あまり食べられないときや、夏バテかな~しんどいな~というとき、種もないので手軽で楽ちんです。

味の濃い塩分の多い食事の後や、飲み過ぎた後の、水分補給とカリウムの補充に、パクパク食べておくと
むくみ予防になります。
体内で塩分と水分の調整を行う栄養素・カリウムは加熱に弱いので、生で手軽に摂りやすい果物があると嬉しい。

私は面倒くさがりなので、イチゴとかキウイとか
包丁で剥かなくても良い果物に頼りがちなのですが、
これからはブドウの季節ですね。

あ、でも桃だけは私にとって別格なので、
ちゃんと剥いて、この夏も沢山食べています。
[PR]
by yukazou-t | 2012-08-17 13:12 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
こんばんは!
今月は、シニア野菜ソムリエ・佐藤雅美さんが主宰する「デリシャス&デライトカフェ」に参加させて頂きました。
佐藤さんが野菜・果物に秘められたストーリーを紹介しつつ、その食材にまつわるお料理を頂くという贅沢な講座。第19回となる今回は、銀座一丁目にある坐楽 大分にて、大分の美味づくし。
b0143531_2346246.jpg
椎茸は冬菇、原木、菌床と食べ比べのほか、お寿司、バター焼きなど多彩に。
薩摩芋の甘太は天麩羅として頂きました。
大分のレモン農家・上杉喜数さんが育てる「皮まで使える奇跡のレモン」はメイン料理のひとつ「銀太刀の檸檬糀」にも使われていました。

すみません、仕事の関係で遅れての参加だったため、
残念ながら食材についてすべてお話を伺うことができず、
以下、十分にはご紹介できないのですが...。

「咲き付の三種」は左上から時計回りに、こんな感じ...b0143531_01854100.jpg
かぼす鰤(かぼす果汁入りの飼料で育てられた大分産のブランドブリ)の「りゅうきゅう」(大分の郷土料理)。 上杉さんの「あまくさ」(大分産高級みかん)と金団干し人参とスナップエンドウ。黄色いのが銀杏餅。その後ろが春子寿司(冬菇のお寿司)。甘太の天麩羅と塩雲丹。
もうお料理がね~、皆さんには写真だけでゴメンネってぐらい、ほんとに美味しく感動だったのですが、
そのまま頂いた「あまくさ」も、酸味と甘味が柔らかくまろやかで、その美味しさに驚きでした。
b0143531_0173762.jpg
この後に続くお料理も、すべて食材の持ち味に対する調味のさじ加減が絶妙で、とても繊細な美味しさ。
それもそのはずで、こちら坐楽の梅原陣之輔総料理長は、農水省が生産者や企業と協働で主宰する
「料理マスターズ」に、パティシエの青木定治さんらと共に選ばれた方なのです。
物腰柔らかな中にも颯爽とした切れ味を感じさせる、素敵な方でした。

b0143531_0155335.jpgデザートには、催事ではすぐに売り切れてしまうという人気の焙じ茶プリン。
焙じ茶の苦みとコクが効いたオトナのプリンです。

そして、非常に勉強になったのが、椎茸などのお土産と共に佐藤さんが皆に一切れずつ持たせて下さったレモンのパウンドケーキ。
b0143531_0262681.jpg
上杉さんのレモンを使って参加者のお土産用に、佐藤さん自身で焼いて下さったもの。
佐藤さんには及びませんが、自分でも講座を行う身、その準備にかかる時間や労力は想像がつくつもりです。
そんな中で手間を厭わず、貴重な食材を大切に扱い、最大限に魅力を引き出そうとする姿勢には、本当に頭が下がりました。ほんと見習う!
無農薬レモンを丸ごと果汁までたっぷり使ったパウンドケーキは、レモン本来の味と香りがギュッと詰まっていてとてもとても美味しかったです。
もし可能なら商品化して下さい...(笑)

食材が私達の口に届くまでの物語を知って頂くと、美味しさだけでなく、幸せ感もことさら。
ごちそうさまでした!
[PR]
by yukazou-t | 2012-02-23 23:27 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)