シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:幸せになる野菜・果物( 36 )

地場野菜って魅力的

さっむー!
そろそろ私の風邪は完治のようですが、世間も懐も寒いです。
寒くなって極力外出を避けて籠りモードの近頃、金曜日のお昼に家に居るときに見るようになったそらナビにて、
先週の放送で「来週の生中継(確か北陸方面だったと思う)は雪です!」と言っていたのが、なんとなく楽しみで1週間心待ちにしてしまいました。
「産地直行」というコーナーが、野菜ソムリエとしては特に楽しみ。
各地に出向いて、その地域の伝統野菜や特産を天気の影響と絡めて紹介する
という、なかなか画期的な内容で、毎回とても面白い。
先週は高知の柚子。高知といえば「ゆずジュース」が有名ですが、
番組で紹介されてた「ゆず酢」というお酢がとっても美味しそう!欲しい!
先々週は京都の聖護院かぶの紹介。
天気と聖護院かぶの生産との関係の話から、
亀岡が「霧の都」といわれているって初めて知りました。
亀岡って言ったら、昔好きだったコが住んでたという印象しかなかったのでs。
b0143531_23572431.jpg
そういえば先月グランドプリンスホテルで行われた京都新聞社主催の「ソフィア東京フォーラム2009 京の食文化と京野菜」に参加してきたのでした。
写真の籠、右端にのっているのが聖護院かぶ。
歴史、生産、調理、文化など各々の分野から
魅力的なパネリストの方々によるレクチャーがあり、じーっと聞き入っていました。
中でも、たん熊北店代表取締役・栗栖正博氏のお話が身近で深く納得。
栗栖さんと、グランドプリンスホテル高輪の高垣シェフのお2人による
京野菜メニュー「海老芋のあられ粉揚げ」と「海老芋のスープ」を
優雅に戴きながら、そのお話について改めて考えました。
レシピも頂いたので、「適当に家にあるサトイモで作るか〜」と
チラッとでも思った私は野菜ソムリエとして恥ずかしい!スミマセン!b0143531_04398.jpg
海老芋って、サトイモとは全然違うんですよ。
食感も甘みも。
…いや、知っていた、知っていましたけども!
本当に違いますねぇ。

季節を問わず様々な食材が、年中全国各地に流通するようになりましたが、その産地のその食材でなければならないシーンというのはあるのです。
栗栖さんが例に出された、
聖護院ダイコンでしか美味しさを引き出せいない、青首では代用できないレシピとか。
ダイコンと言っても各地に多くの種類があり、
伝統のダイコン、そこでしか収穫出来ない地場ダイコンがあり、
そのダイコンにしか出せない味わいというのがあるんですね。

そして、その貴重な味を守り支えているのが、
厳しい気候風土を厭わず現場に立つ地域の生産者の方々なのだなぁ…
と「そらなび」の産地直行を見ながら、尊敬と感謝の気持ちを持つようになったのも、私もオトナになって少しは賢くなったから…
と、野菜ソムリエになったからでしょうかねぇ。
明日の野菜は何かな?
明日の生中継は本当に雪かな?
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-17 23:18 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(6)
おはようございます!
今朝は爽やかに生のプルーンです。
ドライフルーツとして馴染みのプルーンですが、旬は夏〜初秋。一般的に9月ぐらいまでですが、一昨日いつもの八百屋さんで新鮮なプルーンを見つけました。
プルーンは「西洋すもも」とも呼ばれるバラ科の果物。スモモより甘さも酸っぱさもあっさりサッパリ。朝から食べやすいです。b0143531_91443.jpg
生で食べられるのは7月頃から今ぐらいまでですよ、見掛けたらぜひ食べてみて下さい。
鉄分豊富な果物として知られていますが、それはドライフルーツにすることで鉄分が凝縮されるから。本来はカリウムが豊富なので生で食べるのが理想的。体内の塩分バランスを整え、高血圧の防止に効果のあるカリウムは、調理によって効果が失われやすいので、生の方が体内に摂取しやすいからです。
ブルーベリー同様、抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富なので、新鮮なものを皮ごとカプリが良いそうです。


…と朝から堅苦しい栄養の話もナンですが。
要は瑞々しくて季節感たっぷりのプルーンが籠にゴロゴロあると朝の気分も上がるってことです!
今日はこちらのブログ開始以来2回目ぐらいの「おはようございます」で始まっています。
朝に弱いのを逆手にとって、朝から更新してみるってのはどうかと思いついた訳です。出勤前にブログを更新している友達からヒントを得て、更新するのを楽しみにする→元気に早起きできる→早起きしたら朝ごはんも食べられる→一石二鳥やん!と思った訳です。
長続きするかな…?
しないだろうな…。
[PR]
by yukazou-t | 2009-10-14 09:03 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
こんばんは!
シルバーウィークは楽しまれましたか?
私は大半を仕事しつつ、ちょっと遊んだりもしていました。
私の住まいはオフィス街の外れみたいな所で、自分で勝手に「関西に例えれば堺筋本町みたいなとこ」だと思っているのですが、最近近所に八百屋さんが出来たのです!
そこが連休中ほとんど開いていたので、休みにしては割りとちゃんとしたご飯を作っていました。
新鮮な野菜・果物が安くて、お店の人達がみんなイイ感じです。
こないだは三ッ葉をサービスに付けてくれ、昨日は1袋88円の水菜を買おうとしたら、もう1袋買ったら2袋で50円にするよ〜とお兄さんが声を掛けてくれたので、つい2袋買いました!
あ…なんだか、こういうお店の人達との会話が嬉しい。
私、意識していなかったけど、都会生活に疲れてるのかな…。
b0143531_23344679.jpg
で、その八百屋さんには時々珍しいものが普通に売っていまして、このたび、不思議な藤色に惹かれて「あけび」を買ってみました。
八百屋さんって、スーパーより旬を感じますねぇ。
でも、「買ってみました」というぐらいなので、これまで食べたことがありません。
(すみません、野菜ソムリエなのに)

帰宅してから、美味しい食べ方を色々調べて…
半分に割って、中身の実を調理しながらスプーンですくって食べ、そのあとの皮に挽肉とネギのみじん切りを合わせて詰め、多めの油でこんがり焼き目をつけたら、弱火でじっくり焼き付けて、…合わせ調味料を加えて煮詰め、アケビの肉詰め味噌風味。b0143531_2338676.jpg
油と相性が良く、茄子に煮たとろりとした食感に、ほのかな苦味。
茄子の肉詰めにひと技利かせたような美味しさです。
まぁ、ゴーヤが苦手な人は苦手かも(苦笑)…というのは、夫が「苦いからリピートはナシで」と。
心配しなくても秋しか食べれないから、しばらくリピートはないって…私はすごく美味しかったんですけどねぇ。
濃いめの味噌味の照り焼きにしたのが、初めての調理の選択としては正解だったのかも。
アケビって、今やスーパーなどではほとんど見掛けないようですが、古くから日本人に馴染みの深い、秋の味覚なんですねぇ。
食べる事が出来てよかったです。
ゼリー状のトロッとした中身も(種を出すのが面倒ですが)さっぱり甘くて美味しい、味がドラゴンフルーツに似ています。

この日の晩ご飯は、このアケビの肉詰め(シーザーサラダ添え)、茄子とオクラの揚げ浸し、きんぴらごぼう(昨夜の残り)の和風オムレツ
夏の終わりと秋の始まりを感じる献立でした。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-24 22:58 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

大根の葉っぱで常備菜

こんばんは!
前回、代々木上原に行った時、産地直売会が開催されている所に偶然出くわしました。
b0143531_23343838.jpg
主催は九十九里パークという千葉の団体でしたが、場所は駅前のビルの一室で、「へえ〜こんなところで!」とちょっと楽しい気分。
色々美味しそうなものがあった中で一番心惹かれたのが、立派な葉付きの大根で…
最近はスーパーでも時々出ているものの、産直ものは葉の元気さが断然違う!思わず購入。
もともと大根は好きでしたが、以前「野菜ソムリエによる野菜教室」で大根を担当して以来、私はやたら大根に親近感を持つようになってます。

自宅に帰って、まずすることは、実と葉を切り離すこと。
出来れば、その日のうちに調理したいところ。ですが、バタバタしてる時は取りあえず葉と実を別々にして、ラップに包んで冷蔵庫へ。
b0143531_23353132.jpg
この日は、季節外れの新鮮な大根と予想外に出会えた事がよほど嬉しかったのか、ぐうたらな私には珍しく、すぐに葉を刻みにかかりました。

①1本分の葉を粗みじんに切る

②大さじ1〜2の胡麻油で炒め、塩少々と大さじ1強の醤油で軽く味付け

③熱いうちに鰹節1パックをまぶしておく

スミマセン…レシピという程じゃないですが、大根の葉は大量のβカロテンを含んでいるので、油で調理するとその吸収率が良くなります。元気な大根の葉が手に入ったら作って沢山食べて下さいね。

あとはこんな風に、炊き上がったホカホカご飯に混ぜて。
少しの苦味に胡麻油と醤油の香ばしさ。コレがあるとゴハンが進んでしまいます。
[PR]
by yukazou-t | 2009-07-17 22:56 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

桃が一番美味しいとき

「桃の美しい召し上がり方」再び
旧版の使い回しで恐縮ですが、「また桃を載せたかった」それだけの個人的な理由で、改めて…知ってる人は知っている、でも知らない人は意外に知らない桃の剥き方。

もう桃の旬も盛りですねぇ…もうすぐでおしまい。
そして今日もやたら涼しいんですけど、いやだ寂しい。
8月いっぱいぐらいは夏気分でいさせて。
だって暑中見舞いのシーズンも逃し、これから頑張って残暑見舞い書こうと思って、葉書買ってきたばかりなんですっ!残暑厳しくないと雰囲気的に困るんですっ!
b0143531_23104838.jpg
さすがにモノを見ただけでは品種は分からないのですが、写真手前のピンクなのが「山梨県産」(値段からして、たぶん「白鳳」あたりか)。奥の黄色っぽいのが「和歌山県産」(値段からして、決して「黄金桃」とかではありません)←野菜ソムリエなのに、果たしてこんな判断の仕方でいいのか…。
山梨県産のものは実が柔らかくて瑞々しくジューシー。和歌山県産のものは実が締まっていて甘み濃厚なかんじ…でした。
ちなみに珍しい「黄金桃」や高級な「川中島白桃」は、今月半ばになって見掛けるようになりましたよね?それはこれらの品種が8〜9月の晩夏を旬とするから。実は桃は盛夏より晩夏モノの方が糖度が高く美味しいんです(なるほど。だから高いんだね)。1個1000円ぐらいの川中島白桃が店頭に出始めたら、夏の終わりも近いということですね。更にちなみに、この時期よく出ている福島県産の桃は、全体的に繊維質が少なく美味と言われています。
でも、この桃の繊維質は便秘解消に役立つだけでなく、コレステロール値を正常にするペクチンを含むので、生活習慣病の予防に役立つんですけどね。


皮を包丁で剥いてから削ぐように切る人も多いのですが、ベタベタになるうえ、種や皮に実が残って残念なので。
優雅に小さなお手拭き一枚と果物ナイフでサッと剥ける方法を。b0143531_2312355.jpg
1)まず、節にそって包丁を入れ、種に沿って縦に包丁を入れ、種を中心にくるりと一周して切り込みを入れます。このとき、包丁ではなく専用の竹べらなどを持っていると、とても優雅です。
(2)二等分されたそれぞれをそっと握り、前後にスライドさせて2つに分けます。すると片側に種が残り、もう一方は種から剥がれてます。
(アボカドみたいなかんじ)b0143531_2313588.jpg

(3)それぞれ指先でそっと皮を剥がし、優雅にスルスルと引っ張ります。
その後くし切りにします。
(4)種の残った方は、種が付いたままくし形に包丁を入れ,最後に種から取り外していきます。

b0143531_23134163.jpg







成功率は高いものの、たまに上手く2つに割れない、皮の身離れが悪い、など失敗することもあります(笑)あしからず。
[PR]
by yukazou-t | 2008-08-23 23:23 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(2)

幻のプラム「月光」

〜淑女のための高級プラム〜
先日、野菜ソムリエ勉強会仲間の皆さんから、とっても素敵なプレゼントを貰ったんです!
野菜ソムリエ=ベジタブル&フルーツマイスター合格に向けて一緒に勉強していた同志の仲間うちでは、合格者が出るたびにお祝い会と称して美味しいものを食べ歩いているのですが、そのお祝い会では、皆から合格者へ珍しい野菜または果物をプレゼントするのが恒例になっています。
私は合格後に東京移住が決まって引っ越しも重なったため、いま改めて晴れてお祝い&プレゼントを頂戴致しました。

それがこの美しく光り輝くプラム「月光」。
b0143531_027235.jpg生産量が少ないため殆ど市場に出回らず、しかも今ぐらいのほんのひと時期しか手に入らない「幻のプラム」と言われています。
プラムは私の大好きなバラ科(桃やさくらんぼ、リンゴもね)の果物で、和名は「すもも」。
普通のプラムは赤い実から熟すにつれて赤紫になっていきますが、この「月光」は最初は黄色から、写真のような橙の混じった鮮やかな赤になっていきます。
上品で豊かに溢れ出すような香り。
果肉はご覧のように清々しい黄色。
甘みと酸味のバランスが良い品種ということで、すっきり爽やかな果汁がしたたるばかりに!そしてほんっとにあっま〜い♡

実は子供の頃よく食べたプラムってもっと酸っぱい記憶だったので、最近はずっと敢えて食べてはいなかったのです。
しかし、ええもん食べさせて貰いました。ありがとうございます。この1個840円(@阪神百貨店)。自分では買えません。ごちそうさまでした。
はっきり言って激ウマです!桃ラヴァーの私も目移りする程むっちゃラブです。
多分みんなが貰ってる中で,今回の私のが一番美味しかったと思うわ〜ごめんね♡

ちなみに下に敷いているのは、皆から頂いた緑が瑞々しい枝豆のフォト葉書。裏には皆から温かいメッセージが。
枝豆は蛋白質やビタミンCが豊富で、メチニオンという、アルコールから肝臓や腎臓を守る成分も含んでいます。若莢のうちは枝豆、完熟すると「畑の肉」といわれるほど栄養価の高い大豆となり、成長しても乾燥しても、いつまでもエライ野菜。
そんな枝豆のように、これからもずっと乾燥しても栄養いっぱいの人間でいようね…という意味を込めて、この葉書を選んでくれたそうです。
ありがとうございました。
[PR]
by yukazou-t | 2008-08-20 23:32 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(2)