「ほっ」と。キャンペーン

シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

またこんな女性誌のようなタイトルで…。
最近めっきり淑女度が落ちているので、たまにはこんなオシャレなまとめ方をしたくなるもので、
夏の終わりの熱海に行ってきました。
とにかくどこかに行きたくて、知人が「食事が旨い」と薦める蓬莱旅館の、今回は別館ヴィラ・デル・ソルへ。
(蓬莱は高過ぎるので!)
b0143531_21455332.jpg旧紀州徳川家の「南葵文庫」の図書館だった建物を東京から移したという洋館、 ヴィラ・デル・ソルは、明治・大正のクラシカルな、歴史を感じさせる佇まい。









b0143531_21461715.jpg






全7部屋なので、とにかくものすごく静かに過ごせて、大人の休息のために誂えたような場所です。






b0143531_21464041.jpg

かすかに潮の音を感じながら、サロンでの読書は極上の時間。
蓬莱旅館の温泉で、建築としての価値も高い「走り湯」「古々比の瀧」も使えます。
夕食は魚介中心のフレンチコース。
パンが異常に美味しくて、食事中に何度もおかわりして5個も食べてしまったのですが…淑女の行動として良かったのだろうか。

b0143531_214713.jpgそういえば朝食に茹で卵が出たのですが、うっかりすっかり食べ方を忘れていて、殻をテーブルの淵で割ろうと数回ぶつけてから、ハッと気づきました。
あ。スプーンの背で割るのだった…。
こんな恥ずかしい客だったのですが、スタッフのサービスが型通りではなくて、気さくで非常に和やか。慇懃無礼になることなく、滑らかすぎずにサラッと心地よくて、安らぎます。

女子同士のご褒美旅なんかにオススメです。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-26 20:58 | オデカケ | Comments(0)
こんばんは!
シルバーウィークは楽しまれましたか?
私は大半を仕事しつつ、ちょっと遊んだりもしていました。
私の住まいはオフィス街の外れみたいな所で、自分で勝手に「関西に例えれば堺筋本町みたいなとこ」だと思っているのですが、最近近所に八百屋さんが出来たのです!
そこが連休中ほとんど開いていたので、休みにしては割りとちゃんとしたご飯を作っていました。
新鮮な野菜・果物が安くて、お店の人達がみんなイイ感じです。
こないだは三ッ葉をサービスに付けてくれ、昨日は1袋88円の水菜を買おうとしたら、もう1袋買ったら2袋で50円にするよ〜とお兄さんが声を掛けてくれたので、つい2袋買いました!
あ…なんだか、こういうお店の人達との会話が嬉しい。
私、意識していなかったけど、都会生活に疲れてるのかな…。
b0143531_23344679.jpg
で、その八百屋さんには時々珍しいものが普通に売っていまして、このたび、不思議な藤色に惹かれて「あけび」を買ってみました。
八百屋さんって、スーパーより旬を感じますねぇ。
でも、「買ってみました」というぐらいなので、これまで食べたことがありません。
(すみません、野菜ソムリエなのに)

帰宅してから、美味しい食べ方を色々調べて…
半分に割って、中身の実を調理しながらスプーンですくって食べ、そのあとの皮に挽肉とネギのみじん切りを合わせて詰め、多めの油でこんがり焼き目をつけたら、弱火でじっくり焼き付けて、…合わせ調味料を加えて煮詰め、アケビの肉詰め味噌風味。b0143531_2338676.jpg
油と相性が良く、茄子に煮たとろりとした食感に、ほのかな苦味。
茄子の肉詰めにひと技利かせたような美味しさです。
まぁ、ゴーヤが苦手な人は苦手かも(苦笑)…というのは、夫が「苦いからリピートはナシで」と。
心配しなくても秋しか食べれないから、しばらくリピートはないって…私はすごく美味しかったんですけどねぇ。
濃いめの味噌味の照り焼きにしたのが、初めての調理の選択としては正解だったのかも。
アケビって、今やスーパーなどではほとんど見掛けないようですが、古くから日本人に馴染みの深い、秋の味覚なんですねぇ。
食べる事が出来てよかったです。
ゼリー状のトロッとした中身も(種を出すのが面倒ですが)さっぱり甘くて美味しい、味がドラゴンフルーツに似ています。

この日の晩ご飯は、このアケビの肉詰め(シーザーサラダ添え)、茄子とオクラの揚げ浸し、きんぴらごぼう(昨夜の残り)の和風オムレツ
夏の終わりと秋の始まりを感じる献立でした。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-24 22:58 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)

秋のおいしい講座

こんばんは!
毎日過ごしやすく、今年は秋の訪れが早いですね。
春は花粉症、夏は夏バテ、冬は低い血圧が更に下がり冬ごもり気味…な私にとって、秋は唯一まともに生きられる季節デス。
今のうちにしっかり働いておかなければ!
という訳ではありませんが、
来月から、東京に来て初めて講座を始めさせて頂きます。
東京都千代田区立すぽすたちよだにて10月〜12月まで、月に1度の木曜日の夜に開催される「野菜ソムリエのヘルシークッキング」。

 スポーツの「すぽ」とスタディの「すた」からネーミングされた
 「すぽすたちよだ」は、千代田区立の施設で、プールやスポーツ
 スタジオ、調理室など多くの設備が整い、文字通りスポーツと
 学びのバラエティ豊かなプログラムが揃っています。
 会員制ですが、もちろん千代田区在住の方以外でも使用でき、
 大手町という好立地なので、お仕事帰りの利用にも便利。

こういうオフィス街に自治体の施設が普通にあるところが、なんか東京だなぁ〜と思ってしまいました。

「野菜ソムリエのヘルシークッキング」
第1回は10月8日の木曜日午後7時〜8時30分。
 料理教室にしては時間設定が短いのは、施設でのトレーニングや
 お仕事の帰りに気軽に立ち寄って、簡単に調理して頂けるように。
 そして面白いポイントが、調理後は敢えて試食はなく、そのまま
 タッパーでお持ち帰り頂くこと。
 すぐに夕食や夜食のメニューに加えて貰いやすいような、お酒にも
 合うおかずレシピです。
b0143531_233056100.jpg
またこの講座は、野菜が主役というよりは、定番メニューや普段のおかずに野菜をアレンジして自然に野菜が取れる構成にしています。
3回を通して、夏の疲れをリセットして代謝を上げ冬に備えるというテーマに沿い、各食材や野菜の特徴、保存や調理のポイントなどご説明させて頂きます。

第1回は夏の疲れをリセットする、秋のデトックスレシピ2品
・牡蛎の豆鼓(トウチ)炒め
・きのこのマリネ
b0143531_23325052.jpgなお、第2回は冬に向けての代謝アップレシピとして「納豆のキツネ焼き」と「広東風雑穀シュウマイ」、第3回は年末年始のパーティレシピ「大根の手まり寿司」と「ヘルシー海老パン」です。
もしご興味をお持ち下さったら、他にも楽しそうなプログラムが沢山あるすぽすたちよだを、ぜひ覗いてみて下さいね!


そして、私にとっては癒しと元気が貰える月末のお楽しみ講座(いえ、アシスタントを務めさせて頂くとても勉強になる講座)、武田由季さん「野菜ソムリエ直伝 簡単おいしい野菜生活」は9月28日月曜日、いつものように有楽町イトシア・リーフテラスにて午後7時〜9時です。
今回は、みんなでカレーのスパイスを調合するんですよ!
野菜ソムリエのシニアマイスターであると共に、スパイスコーディネーターである武田さんならではの今回のテーマ、期待が高まります!

実は私、あまり言う機会がないのですが、ものすごくカレー好きなんです。
朝カレーパンで、昼カレーうどんで、夜カレーライスというのが1週間続いても平気。
たまにランチも、おっさんに混じってひとりカウンターでカレーうどんを食べています。
すみません、勝手にテンション上がってて!
インターネットで予約できるようになりました!
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-18 02:04 | お仕事です! | Comments(2)
こんにちは!b0143531_1437234.jpg
今週は日本ベジタブル&フルーツマイスター協会主催イベント、キッコーマン㈱本社で行われた「調味料ラボ」に参加してきたんですよ。
テーマは砂糖。
すごいです!
お砂糖って、こんなにも表情豊かな調味料だったんです。
砂糖問屋である㈱竹内商店さんが様々なお砂糖をご紹介下さいました。
本和香糖、上赤糖の琥珀・亜麻・漆…いかがですか、この風雅なお砂糖の数々。
それぞれに繊細で、ときに深く、ときに淡く広がる甘み。

お土産に頂いた中から、今日は含蜜糖「みつ玉」で、おうちでゆっくり、ひとりのお茶タイム。
お砂糖ながら、まるで上干菓子のような「みつ玉」に、その控えめな甘さを邪魔しないよう、香りも味もほのかで優しい白茶・白牡丹(パイムータン)を、少し濃いめに煎れました。
…ほっこりするわぁ。秋やねぇ。
b0143531_1428191.jpg
スミマセン、「みつ玉」は非売品なのですが、竹内商店のマルキチシュガーから、可愛くて美しい、新しいカタチで楽しめるお砂糖が発売されています。お取り扱いは新宿伊勢丹や紀伊国屋(店舗による)のようです(詳しくはお問い合わせ下さい)。


余談ですが、野菜ソムリエの有資格者として嬉しいのは、今回のように協会のイベントやサポート、有資格者のコミュニティ活動が充実していること。
「調味料ラボ」も砂糖の基礎的な説明から、砂糖多種の食べ比べ、美味しいレシピの試食も数種類、知識の吸収と同時にリラックスでき、とても満足度の高い内容でした。
そして、協会の方々が各々のソムリエをよく覚えて下さっていて、いつも声を掛けて下さるのもとて嬉しいものです。普段わりと孤独に仕事しているので(笑)。
このような協会主催のイベントはジュニアやマイスターの有資格者はもちろん、一般の方も参加出来る事が多いので、オススメです。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-11 13:23 | オキニイリ・食 | Comments(0)
格好イイですねぇ…イチロー…。
いつ球史に残る偉業を成し遂げようとも、常に「…これが終わりではない」と言い切る姿、常に次を目指し続ける強い姿は、同じ人間とは思えません。
私なんか、いつも「あぁ、もうこれで終わりにしたい…」と思っているのにぃ。

あぁ、「ココ・シャネル」を観て女魂に喝を入れた筈なのに、また化粧を落とさずに寝てしまいました。b0143531_010965.jpg
常にすべて放り出して寝たい、どこか行きたいと思っている、万年寝不足の逃避体質な私。
でも、計画性がなくて出不精なので、あまり旅行には行けません。
ただ、愛用のスーツケースは持っていて、旅行よりももっぱら仕事用。
講座の時、行きは食材やサンプルで荷物がたっぷりなのでキャリーでコロコロ、終了後に中身は食べたりして荷物が筆記用具ぐらいに減ると、折り畳んで提げて帰ります。
最近たまに訊かれる事があるのですが、SEQUOIAのものです。
色は黒とダークブラウンの2色。
香港時代に一緒に仕事をしたエディターさんが持っていたのが気になりつつ確認出来ずに長年きたのを、東京に来てようやく見つけて即購入。
関西に店舗がなくて、ネットでは販売してないので見つけられなかったのでした。
折り畳むと約10×40×50(cm) になって、1.5kgぐらい。
b0143531_0103867.jpg今月の連休に小旅行とシャレ込む素敵な人達も多いことと思います。
簡単な着替えだけで身軽に出掛け、お土産や買い物で荷物が増えた時に開いてキャリーで帰るというのも楽なので、オススメです。
まあ現在の私の場合、部屋が狭いのでスーツケースを仕舞う場所がないため、ものすごく重宝しています。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-08 23:47 | オキニイリ・衣&美 | Comments(0)
「美しさは女性の『武器』であり、装いは『知恵』であり。謙虚さは『エレガント』である」
〜ココ・シャネル

夫が晩ご飯いらないというので、「そうだ映画観よう」と思い…b0143531_21173778.jpg
残業のあと新宿三越アルコットに寄ってクオカで講座の材料を買い、トーキョールーでトマトカレーを急いでかき込み、レイトショーのココ・シャネルへ。
オドレイ・トトゥのココ・アヴァン・シャネルの前に、シャーリー・マクレーン演じるシャネルを、まず観てみたかったので。
シブくて良かったです。
シャネルの生き方や人柄には賛否両論、好き嫌いあるとしても、あの潔さと筋が通った行動は、とにかくカッコイイ。
せっかく女に生まれたんだし、余計な心配や無駄な不安に時間を割いてウダウダ生きてちゃもったいないな〜…と思います。
内容も突っ込み過ぎずに、展開も早く分かり易くまとまっていて見やすかったし。
衣装がオシャレなのはもとろん、全体にすべてが優美で、ココがボーイ・カペルと惹かれ合いつつ、恋人エチエンヌとタンゴを踊るシーンなんか、ものすごくドラマチック。

秋の訪れを感じながら観るのにピッタリの映画。
秋はクラシカルに装いたくなります。
アヴァンの方も楽しみです。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-04 20:34 | 心を潤す映画・舞台 | Comments(2)
早いもので、気づくと9月ですねぇ。
先月は囲碁の仲間に誘われて、本格的チェコスロヴァキア料理が食べられるというcafe anoへ。
(え?囲碁って?ええ、実はこのブログの右側「趣味」ところにも、ちゃんと書いてるんですよ・笑)b0143531_23263899.jpg
2ヶ月に1度ぐらいある集まりなのですが、日中は碁会所で打ったあと、夜は各国料理や日本各地の郷土料理などを食べ歩くという、魅力的な会。
本格的なチェコ料理は初めてで、気取らず素朴でとっても美味しいのです。お店も小ぢんまり隠れ家風。
写真はサーモンのブランボラーク。表面こんがり中もっちりで、チェコ風お好み焼きといわれるメニュー。大根餅風というか、じゃがいも餅ってカンジ。
チェコの代表的家庭料理であるクネドリーキという茹でパンを、グラーシュというシチューに絡めながら食べたのも、ムニムニしてて美味しかったなぁ。
b0143531_16294219.jpgデザートに書かれているDEkujiは「ありがとう」という意味らしいです。
サワーチェリーが入ったケーキが、ふんわりポサポサして懐かしい甘さで、もっと欲しくなりました。
偶然この日は営業最終日とオーナーからご挨拶があり、最後に全員にシャンパンが振る舞われました。記念日に同席出来て嬉しかった♪
cafe anoは東京都渋谷区神宮前5-12-7ワイスワイスビル1Fに移転。
9月10日にオープニングパーティが開かれるそう。参加自由って仰ってたし、行ってみようかな♪

この囲碁の会、私は本当はちゃんと囲碁を練習して少しでも強くなりたいんだけど、日中仕事が入ったりすることも多く、打つ事なく夜から参加することが殆ど。だから心苦しいのですが、でもたまにしか会わないi囲碁仲間なのに、何だかゆる〜い空気がリラックス出来て楽しいので、ついつい食べにだけ行ってしまいます。
で、「仕事に集中しないとヤバい状況なのでは…」と思いつつ行って皆と話していると、1人で煮詰まっていないで人と会うのって大切だなぁ…と実感するのです。
ありがとう。
[PR]
by yukazou-t | 2009-09-01 20:39 | レストランでcharge | Comments(3)