シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんばんは☆
先々週のお話になりますが、風邪で寝込んでいた時に宅急便が届きました。
サンタさんからでした。
小箱の中には、毛布にくるまった赤ちゃんのイエス・キリストが。
ズーセス・ヴェグトゥスの特製シュトーレンでした。
ここのところ私は落ち込んでいて、
友達に相談しようか、グチ聞いて貰おうか、電話にしようかメールにしようかと
ウダウダしていたところでした。
b0143531_20231790.jpg
でも、この箱を開けて見ていると、不思議なことに、まだ何も話していないのに既に全部聞いて貰ったような気持ちになってきました。
別にカードも手紙も何もついていませんでしたが、
シュトーレンが、
「ふ〜ん、そっかー。
しんどかったんやね〜」
と頷いてくれました。

不覚にも涙が出ました。
まぁ人は往々にして、弱っていると涙もろくなるものですが。
それにしても、まるでその時の私の気持ちを全部分かった上で
このタイミングで送られてきたようなプレゼント。
正確に言うと大丸百貨店から送られてきたもので、
送り主の欄には友達の名前が書かれていましたが、
あれはきっとサンタです。

プレゼント選ぶのって難しい。
オトナだからそれなりに気の利いた言葉のひとつも添えて…
カードもそれなりにセンスいいのを選びたい…
そうこうしているうちに、日ばかり経つ。
ああなんかもう面倒になってきたなぁ。
…ってなる前に、
ごちゃごちゃ体裁考えず、
その人に「あげたい!」と思った時、自分が一番届けたいものを
普通に渡せばいいだけなのかもね。

皆様にも素敵なクリスマスがやってきますように…。。
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-22 19:25 | オキニイリ・食 | Comments(2)
こんばんは!
今日の「えなりかずき!そらナビ」
(えなり君の名前付きが正式なタイトルでした・汗)
での富山からの生中継は、予告(予報?)通り雪でしたね!
そして「産地直行」は下仁田ネギ。
聖護院かぶの収穫に影響するのは「霧」でしたが、
下仁田ネギの美味しさに影響するのは「霜」でした。
このコーナーに登場する農家の方々が口を揃えて
「天気予報は一日に何回も見る」と仰るのを見るにつけ、
実家の父が家族のひんしゅくをものともせず、
どの番組の途中でもチャンネルを勝手に変えて
NHKの天気予報を毎日絶対に見ていたのを思い出します(笑)
あの時はチャンネルを変えられる度に父のことをアホだと思っていましたが、
本当はプロ意識のしっかりした立派な人だったんですね…スミマセン。

寒い日が続く今日この頃、職場の昼食として楽しみにしているのが、
ファミリーマートの「たまごかけごはん風おにぎり」b0143531_023942.jpg
文字通り卵かけご飯風な美味しさが楽しめます。
私はレンジで少し温めて食べると…温め過ぎはダメで、ほんのり温かいくらいが個人的にはベスト…シアワセな気分になり、不景気な職場にあっても心は温かです。
職場だけでは飽き足らず、2、3個まとめて買って帰り、家でも食べています。

卵のおにぎりといえば、
以前ローソンの「おにぎり屋シリーズ」に「だし巻き卵のおにぎり」という
幻の名品があったのを知っていますか?!
私はものすごく好きで、周囲にその美味しさを訴え続けていたのですが、
どうも皆にとっては、おにぎりの中に卵焼きという事に違和感があったらしく、
周囲の理解を得られないまま、いつのまにか店頭から姿を消していました。
でも、期間限定で発売されていたのが復刻版で再販されてたりしていたので、
きっと人気はあったのだと思うのですが…。
ちゃんとおにぎりの具として、いい塩梅に味付けされたダシ巻きが、
ごはんに馴染んでむちゃくちゃ美味しかったんですけど…。
誰か見掛けたら教えて下さい!
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-18 23:35 | オキニイリ・食 | Comments(0)

地場野菜って魅力的

さっむー!
そろそろ私の風邪は完治のようですが、世間も懐も寒いです。
寒くなって極力外出を避けて籠りモードの近頃、金曜日のお昼に家に居るときに見るようになったそらナビにて、
先週の放送で「来週の生中継(確か北陸方面だったと思う)は雪です!」と言っていたのが、なんとなく楽しみで1週間心待ちにしてしまいました。
「産地直行」というコーナーが、野菜ソムリエとしては特に楽しみ。
各地に出向いて、その地域の伝統野菜や特産を天気の影響と絡めて紹介する
という、なかなか画期的な内容で、毎回とても面白い。
先週は高知の柚子。高知といえば「ゆずジュース」が有名ですが、
番組で紹介されてた「ゆず酢」というお酢がとっても美味しそう!欲しい!
先々週は京都の聖護院かぶの紹介。
天気と聖護院かぶの生産との関係の話から、
亀岡が「霧の都」といわれているって初めて知りました。
亀岡って言ったら、昔好きだったコが住んでたという印象しかなかったのでs。
b0143531_23572431.jpg
そういえば先月グランドプリンスホテルで行われた京都新聞社主催の「ソフィア東京フォーラム2009 京の食文化と京野菜」に参加してきたのでした。
写真の籠、右端にのっているのが聖護院かぶ。
歴史、生産、調理、文化など各々の分野から
魅力的なパネリストの方々によるレクチャーがあり、じーっと聞き入っていました。
中でも、たん熊北店代表取締役・栗栖正博氏のお話が身近で深く納得。
栗栖さんと、グランドプリンスホテル高輪の高垣シェフのお2人による
京野菜メニュー「海老芋のあられ粉揚げ」と「海老芋のスープ」を
優雅に戴きながら、そのお話について改めて考えました。
レシピも頂いたので、「適当に家にあるサトイモで作るか〜」と
チラッとでも思った私は野菜ソムリエとして恥ずかしい!スミマセン!b0143531_04398.jpg
海老芋って、サトイモとは全然違うんですよ。
食感も甘みも。
…いや、知っていた、知っていましたけども!
本当に違いますねぇ。

季節を問わず様々な食材が、年中全国各地に流通するようになりましたが、その産地のその食材でなければならないシーンというのはあるのです。
栗栖さんが例に出された、
聖護院ダイコンでしか美味しさを引き出せいない、青首では代用できないレシピとか。
ダイコンと言っても各地に多くの種類があり、
伝統のダイコン、そこでしか収穫出来ない地場ダイコンがあり、
そのダイコンにしか出せない味わいというのがあるんですね。

そして、その貴重な味を守り支えているのが、
厳しい気候風土を厭わず現場に立つ地域の生産者の方々なのだなぁ…
と「そらなび」の産地直行を見ながら、尊敬と感謝の気持ちを持つようになったのも、私もオトナになって少しは賢くなったから…
と、野菜ソムリエになったからでしょうかねぇ。
明日の野菜は何かな?
明日の生中継は本当に雪かな?
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-17 23:18 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(6)
すみません…と最近この出だしばっかりですみません。
すぽすたちよだ「野菜ソムリエのヘルシークッキング」にご参加下さった皆様、
ありがとうございました。
今回も多くの方にご参加頂けてとても嬉しかったです。
この講座に合わせて復活した私でしたが、
先週末は雨の中、渋谷へ。
そして風邪がぶり返しました。
面目ない…。
b0143531_0231497.jpg
しかしコケてもタダでは起きない関西人。
帰りに「翌朝のパンでも買って帰ろ〜」と寄った東急東急東横店にて、
(↓注意!音楽鳴ります)
観音屋を発見!
懐かしい〜!
香港にいた時は帰国時に買い込んで帰っていたものです。
神戸大丸にお店があった頃は、よく朝のパン代わりに食べていました。
スポンジケーキにとろけるチーズがのっていて、
オーブントースターで温めてとろ〜り。
お〜いし〜♪
ハイジがよく暖炉でチーズをとろ〜り溶かして、パンにのせて食べていたみたい?
今では多くのメディアで紹介されて有名ですね。
チーズは甘くない普通のチーズ。
甘いスポンジ生地とのコンビネーションが絶妙です。
東急東横店での出店は16日までです!
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-14 23:40 | 今日のおやつ | Comments(2)
すみません…週末から本格的に風邪で寝込んでます。
月曜日はモデルハウスでの仕事も休みを貰いましたが、
気合いであと1日で治します!
今月のすぽすたちよだ「野菜ソムリエのヘルシークッキング」は、
大根の手まり寿司2種と、海老パンです。
年末年始のパーティシーズンに、
持ち寄りにも便利だったり、
事前に作っておけたり、
そしてあわよくば、食べ過ぎ飲み過ぎの胃を助けてくれる野菜を使って…
と欲張ってみました。
写真は「野菜ソムリエの野菜教室」でもご紹介した紫大根を使った手まり寿司。
b0143531_074399.jpgもう1種類はいつもの白い大根で作ります。
海老パンにも、少し野菜をプラス。




本当は前回の翌日にでも写真をアップするつもりだったのですが、
すみません。
寝る時に加湿器を入れると「喉も楽だし、風邪もひきにくいみたい」と書いた翌朝から喉が痛く、
夕方には熱が出て大風邪に移行…。
しかし明日には必ず立ち直ります!
という訳で、取り急ぎ今日ももう寝ます。
失礼します。おやすみなさい!
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-09 00:14 | お仕事です! | Comments(4)

快適冬美容アイテム

はぁ〜。
生きてると楽しい事や嬉しい事も多いけど、へこむ事も多いなあ…。
あったかくしてもう寝よう…。
b0143531_2336365.jpg
数日前からお休みタイムの必須アイテム化している「寝ながらメディキュット」が、やたらとイイです!
本当は寝る時は素足が楽で、冷え防止の靴下も邪魔でイヤなのですが、
これは爪先が開いているので裸足感があって苦しくないのに足全体が温まり、
翌日は足が軽いうえカラダ全体がなんとなくラク。
ただし夏は絶対に暑いと思うので、冬のオススメアイテムですね。
まあるい水色の物体は説明不要かと思いますが、
去年引っ越し祝に貰ったプラスマイナスゼロの加湿器。
本当は「ナノケア」などの美容加湿器がベストなのかも知れないけど、
とりあえず寝る時に加湿するのとしないのとでは、翌朝の肌乾燥の差はてきめん。
喉も楽だし、風邪ひきにくいみたい。

そして、「マインドレスキュー」を加湿器にセット。
柔らかい柑橘系にローズウッド、ローマンカモミール、タイム、ラベンダーがブレンドされ、緊張をほぐして心を鎮めてくれるDHCのブレンドオイル。
あとニールズヤードのナイトタイムも好き。
質の良い十分な睡眠は何よりも大事です。
ああ眠り続けたい。
おやすみなさい。
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-04 23:30 | オキニイリ・衣&美 | Comments(4)
うう…またショックな事が〜(涙)
また夫の服を買いにPARCOへ行きました。
前にもメンズカジュアルフロアで夫の服を買った時に、大人の息子がいるように言われて立ち直れないほどダメージをウケた、いや受けたことがありましたが、
(ちなみに私と同世代の友人達の子供はだいたい小学生です)
今回も…スタッフのおにーちゃんに
「プレゼントですか〜?相手の方は20歳ぐらいですか?!」
と訊かれたんですケド…。
…………それは一体?
あ、20歳ぐらいの年下彼氏(あるいは夫)がいるように見えた?
いや………それとも……20歳の息子の服ですか?
でもなぜに20歳?
なぜだーーーーっっっ?
………前回の一件から半年足らず、ようやく立ち直りかけていたのに。
もうダメだと思い、今回は同級生の女友達を呼び出して思いの丈を訴えることに。
彼女は私が東京に来る前から運良く東京に嫁いでいた同級生。同じ歳、同じ立場の彼女ならきっと何か心休まる答えをくれるに違いない…「東京のお店では挨拶代わりに誰にでもそう訊くんだよ」とか…。

前から一度ちゃんとした「もんじゃ焼き」を食べたいと彼女に頼んでいたので、月島の「弘」へ。
「もんじゃ通り」って沢山美味しいお店があって、初めてだとどこに入ろうか迷うところですが、ここは珍しく個室もあって使い勝手が良いと彼女のオススメで。
しかし、これまでのいきさつを説明すると
「そうか…それはヒドイ話やな〜ショックやな〜」
と、彼女は現実をあっさり受け入れる言葉のみ。
なんかフォローとかないのか?!
「でも、そんなん言うたら〜」
と彼女が語るには、
前にご主人と一緒に自分の服を選んでいたら、「奥様〜あちらにマタニティもご用意してますのよ〜」と言われたとか…もちろん彼女はこれっぽっちも妊娠していない、強いていえば少しふんわりめのワンピ−スを着ていたらしい。
う〜ん…そ、それもヒドイ話だ…ひどすぎる。
そこからはビールと「もち明太子チーズ」をペタペタ、モグモグしながら、お互いもうフォローなのか自慢なのか訳の分からない話に…
「私なんか、こないだ職場で若ぶって『若益ツバサがさ〜』とか話したら、後で新人ちゃんがこっそり『益若ツバサ』ですよ…と教えてくれた」(後ではなく、その場で言ってくれた方がむしろ有り難かった…)
「私も前に職場の新人君が、俺マイナーだけど『緒川たまき』が好きで〜と盛り上がっている時に、自分はずっと『沢たまき』だと思っていて、『え?でも沢たまきって〜』と言ったら場が固まった」
「『モンキーマジック』の話をしていた後輩達に『へ〜若いのにゴダイゴの歌知ってるんだ?!』と言ってしまった」
とか色々。
はぁ。
しかし、だらだらポツポツ女2人でつつく「もんじゃ焼き」は気分がイイです。
いつしか飲み物はハイボール、もんじゃは和風スペシャル、鮭マヨベイビー、と大根サラダ…美味しかった。オンナ2人で3枚って多いのか少ないのか、どうなんでしょう。
途中でおにーさんが「ご旅行ですか?」と焼きに来てくれました。
私達2人でご飯を食べていると十中八九旅行者扱いされます。
「アンタ、そらアカンで〜」「踏んだり蹴ったりやな〜」「しゃーないやん、気にせんと現実を受け入れ〜や!」とか言っているからでしょうか。
私達2人でも普通に焼いていたつもりでしたが、おにーさんが焼くとすごく上手で更に美味しかったデス。
*食事中の雰囲気と、お料理本来の姿を損なわないよう、店内での撮影は控えているため、お料理の写真はありません。ゴメンナサイ。
[PR]
by yukazou-t | 2009-12-01 10:20 | レストランでcharge | Comments(8)