シニア野菜ソムリエ・田上有香の、幸せをチャージするためのブログ!   


by yukazou-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんばんは!
webラジオ「Rejet Presents ダミーヘッドマイク妄想ラジオ LOVE★BOMBER」(インターネットラジオステーション音泉 / パーソナリティは声優の高橋直純さん&増田俊樹さん)本日9月27日更新の第08回にて、
b0143531_20583282.jpg
「緊急企画!KYURI★BOMBER」のコーナーでキュウリのお料理をご提供させて頂きました。

「緊急企画!KYURI★BOMBER」とは……キュウリ大嫌い声優・増田俊樹さんが、キュウリを克服し、同じくキュウリ嫌いのリスナーの方々に勇気を与えよう……というコーナーです。
レシピと共に、少しでもキュウリ感をカモフラージュできるように使わせて頂いたこだわり調味料も一緒にご紹介させて頂きます。

【キュウリのジュース】
b0143531_2121952.jpg
<材料1~2人分>
キュウリ…1本   レモン汁…大さじ1/2   蜂蜜…大さじ2  牛乳…1と1/2カップ
バニラエッセンス…少々  
ペパーミント(またはスペアミント)の葉…適宜

<作り方>
キュウリの下処理をする = 表面に塩を適宜振ってまな板の上で転がし、イボと皮の周囲に含まれるアクや臭みを取り、塩を水でサッと洗い流し、水分をしっかり拭く。

① ヘタを取り、乱切りにしたキュウリとレモン汁をミキサーに入れ、サッと混ぜる。

② ①に蜂蜜を加えてさらにミキサーにかけて混ぜ合わせる。

③ ②に牛乳を2回に分けて加え、その都度ミキサーを回して、
なめらかになるまで混ぜ合わせ、バニラエッセンスを振り混ぜてグラスに注ぎ、ミントの葉を飾る。

* 時間が経つとキュウリの青臭みが出るので、作り立てがおすすめ。
* まだ飲みにくいという場合は、キュウリの量を少なめにし、他の果物(マンゴーやリンゴなどお好みで)を足したりして、徐々に慣れていって下さいね。

*蜂蜜には ラベイユ「龍眼(ロンガン)の蜂蜜」(龍の眼と称されたフルーツの花の芳しい香りの蜂蜜)を使いました。


【キュウリのカポナータ】
b0143531_218054.jpg
<材料1~2人分>
キュウリ…2本   茄子…2本   
タマネギ1/2個   
セロリ(茎の部分)…1/2本
にんにく…1片   
塩、コショウ…少々   
オリーブオイル…大さじ1
白ワインビネガーまたは酢…1/4カップ  
顆粒コンソメスープの素…小さじ1
蜂蜜…大さじ2  トマトの水煮缶…1/2缶分(約200g)   ローリエ…1枚  

<作り方>
① キュウリはヘタを落として約1cmの半月切りにし、塩小さじ1/2をまぶして5分ほど置いてから手で軽く水分を絞った後、さらにペーパータオルなどで水気をよく拭き取る。

② 玉葱は約1.5cmの角切りに、茄子は約1.5cm幅の半月切りに、セロリは約1mmの薄切りに、にんにくはみじん切りにする。

③ 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香りが立ったら玉葱とセロリを加えてしんなりするまで炒め、続いてキュウリと茄子を加えて塩コショウを振り、野菜すべてがしんなりするまで弱火~中火で炒める。

④ ③に白ワインビネガーと蜂蜜を加えて中火でひと煮立ちさせ、次にトマトの水煮缶とローリエ、顆粒コンソメスープの素を加え、弱火~中火で水分がほぼなくなるまで煮て火を止め、そのまま冷まし、味を含ませる。

* 粗熱が取れたら保存容器に移し、冷蔵庫で半日ほど冷やして味を馴染ませるとさらに食べやすいと思います。
* クリームチーズと一緒にバゲットにのせ、イタリアンパセリやバジルを添えて食べると、さらにキュウリ感がやわらぎます。

*クリームチーズには タカナシ乳業「北海道クリームチーズ」を、
*バゲットには PAULの「フルート・セザム」を使いました。

【キュウリの生姜甘酢炒め】
b0143531_2120730.jpg
<材料1~2人分>
キュウリ…2本  干し椎茸…2枚  
長ネギ(白い部分)…1/2 本
油揚げ…1/2 枚
生姜…1片  胡麻油…大さじ2 
鷹の爪…1本
A(酢…大さじ4 醤油…大さじ2 砂糖…大さじ2 塩…少々)←予め合せておく

<作り方>
① 油揚げは熱湯を回し掛けて油抜きし、干し椎茸は戻して軸を除き、それぞれ約5mmの細切りに、鷹の爪は種を取り薄い輪切りにする。

② キュウリはヘタを落として両側から細く切れ目を入れ、じゃばら状にして約2cm幅に、
  長ネギも同幅に切り、生姜は皮を剥いてみじん切りにする。

③ 中華鍋に胡麻油と生姜、長ネギを入れて熱し、香りが立ったら鷹の爪、油揚げ、椎茸、キュウリを加えて中火~強火でサッと炒め合わせ、Aを回し掛けて火を止め、そのまま冷ます。

*粗熱が取れたら保存容器に移し、冷蔵庫で半日ほど味をなじませるとより食べやすくなります。

【丸かじり用キュウリ】
四川キュウリ(しせんきゅうり)
きゅうりの原産地はインド・ヒマラヤ山麓。日本には中国を経由して渡来し、平安時代の頃から育てられるようになりました。沢山の品種があるキュウリの中でも、四川キュウリは表面に細かな皺がありイボがしっかりしていますが、皮が薄くて柔らかいため扱いが難しく日持ちがしません。そのため店頭に出回ることが少ない品種です。
パリッとした歯ごたえと風味の良さが特徴。

*マヨネーズには、 NOSAN(日本農産工業株式会社)「ヨード卵光のスーパーリッチマヨネーズ」を使いました。

キュウリは新鮮なほど青臭みが少なく苦手な方も食べやすいと思います。
調理法や調味料、付け合せなど工夫しつつ、美味しく召し上がって下さいね。
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-27 21:36 | お仕事です! | Comments(0)
おはようございます!
本日9月23日発売「からだにいい食べ方 2013秋 vol.3 」(株式会社芸文社刊)に
野菜ソムリエとしてご協力させて頂きました。

b0143531_11141284.jpg

今号のメインテーマは野菜。
計4名の野菜ソムリエがレシピや料理制作など、
各ページ、テーマごとにご協力いたしております。

私の担当は、
「毎日のみそ汁に野菜をプラス 1杯120gの野菜がとれるみそ汁」。
表紙にもある「野菜を1日350グラム食べるコツ」を意識して、
それぞれの野菜の特徴を活かせるようにと思い作らせて頂きました。

知っておくと毎日の食卓に役立つ情報が
人気料理研究家や管理栄養士、流通の現場に立つ卸売業の方など、
様々な視点からバラエティ豊かに紹介されていて、
野菜の魅力が詰まった1冊です。
ぜひお手に取ってご覧下さいませ!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-23 10:47 | お仕事です! | Comments(1)
こんにちは!

気がついたら、
窓を開けてのお昼寝が
気持ちいい季節になっていました。
この連休は
溜まった資料を片付けたり、
お昼寝したり、
お風呂掃除したり、
家に籠ることにしてます。
しかし、起きてちょっと掃除なんかし出すと
汗ばむんですよねー。

と思って、冷蔵庫からごそごそ、
お気に入りを出してきました。
コンフィチュール・エ・プロヴァンス
「飲む生姜ジュレ」です。
ゼリーのようなパッケージですが、
ゼリー感とドリンク感のバランスが絶妙で、
付属のストローでゴクゴク飲めます。
b0143531_19184813.jpg
フレーバーはドライ、ブルーベリー、マンゴーの3種。
ドライは味も風味も後口もすべてしっかり生姜。
他2種も後口の生姜風味はしっかりしています。
夏の冷房冷えや、
これからやってくる季節を考えると
冷たいものをやたらと飲むのは控えたい、
だから体を温めてくれる生姜たっぷりの
すっきりデザートドリンクはありがたいです。

実はこれ、先月の朗読舞台の差し入れにしました。
お仕事柄、喉をいたわる生姜エキスたっぷりで、
その場でササッと飲んで貰えて、
ちょっとデザート感もあるかなーと、
いろいろ悩んだ末に、保冷バッグに詰めてお贈りしました。

ただちょっと反省が……。
生姜って私は好きですが、
人によって好き嫌いあるかも。
プレゼントするときは、
「けっこう生姜味だよ」と
事前にお伝えしておくのがおすすめです。
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-22 18:39 | 手土産です! | Comments(0)
こんばんは……。
今月の半ばぐらいから
昼夜逆転生活になってしまっているんですが……。
色々と出掛ける機会が多く、
今月の初めには
日本野菜ソムリエ協会渋谷本部で開催された
「福島の美味しい野菜とくだものを味わおう!~実りおおき福島~」
に行ってきました。
b0143531_433544.jpg
日本野菜ソムリエ協会「チームふくしま」の方々が企画された勉強会で
タイトル通り、福島県の実りをたっぷり味わえる内容。
大賑わいでした。
もちろん、食べにだけ行った訳ではなく!
安全を届けるための現場の取り組みを
福島県東京事務所 企画交流課主査(農産物流通担当) の齋藤浩光氏から教わりました。
公益財団法人福島県観光物産交流協会 ふくしま市場店長の櫻田武氏からは
福島産農産物の好調な売れ行きについて、心温まるエピソードを交えてお聞きし、
その後は店長みずからが調理デモンストレーションをされたのですが、
これがすごくて!
b0143531_4335862.jpg楽しいトークが途絶えることなく手元は動き、
どんどん出来上がっていきます。
私も調理実習をさせて頂く機会は多いのですが、
喋りながら作り続けるというのは結構難しいんですよね。
こんな風できるようになりたいです……。
桃も次々きれいに剥かれて、
剥くそばから皆が食べていきます。

b0143531_4373130.jpgそして出来上がったお料理はどれも美味しいのですが、
中でも、このいんげんのチーズ焼きが絶品。
インゲンマメは青味のある豆っぽさが苦手な人もいると思うのですが、
このチーズ焼きは、ぜんぜんそんなことなくて、
味わいがまろやかで豆の風味が爽やか!
レシピ教えて欲しいですー。
b0143531_4524195.jpg
他にも福島県産の野菜や果物、
郡山ブランド野菜協議会あおむしくらぶの野菜ふんだんに使った
美味しい試食が盛りだくさん。
食べにだけ行った訳ではないと言いながら、
食べ物の写真しかなくてスミマセン!
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-21 04:53 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)
b0143531_1512577.jpg
こんばんは!
今週の始めは
六本木に出来た食のショールーム・パルズのオープニングパーティにお邪魔しました。






b0143531_2101286.jpgショールームという名のとおり、
日本各地から吟味された、
生産者の方々の想いが詰まった
魅力的な品々が紹介されています。






仕事を切り上げて遅れて到着したら、
皆さん、たらふく召し上がり、しっかり飲まれている様子で(笑)、
早くも残り少なくなったごちそうを少しずつ頂きました。

b0143531_214381.jpg
いろんなワインやサングリア、ビールのほか
福を分けるという意味の粋な日本酒・分福(ぶんぷく)が
ひときわ目を引いていました。




b0143531_2172096.jpg管理栄養士である店長の山崎友香さんはじめ
応援に駆けつけたシェフやスタッフの方達が
心づくしのお料理やスイーツでおもてなしして下さいました。
手前はヘルシーなテンペの抹茶ケーキと、
夏野菜のヨーグルトケーキ。
優しい味わいでとっても美味しかったです。

美味しいアイデアや楽しい時間など、
食にまつわる笑顔が集まる空間になりそう♪

また伺えるのを楽しみにしています。
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-05 23:37 | オキニイリ・住 | Comments(0)

桑の実ソーダ

こんばんは!
9月ですが、暑いです。
いっときは晩夏の涼しさを感じて、
過ぎ行く夏を名残惜しむ気持ちになった頃があったというのに、
まだまだ暑いです。
b0143531_1325253.jpg写真は、この夏の始めに参加させて頂いた
農園パーティでいただいたジャム。
キイチゴみたいですねー。
英名はマルベリー。
日本ではこの葉が古来から蚕の餌として重要な作物でした。

というわけで、これは桑の実のジャムです。
(あ、最初にタイトルで書いてたわ・笑)
日本に昔からある植物だというのに、
桑の実の実物を見るのは初めてでした。
甘酸っぱくて、味自体はサラッとしていて 素朴で美味しい。
瑞々しくて一度に沢山食べられます。
アントシアニンも豊富で栄養価が高く、
昔は飛脚や旅人にとって道中での栄養源だったとか。

農園パーティでお裾分けして貰って
家でソーダで割ったりして大切に食べていました。
旬は春~初夏のようですが
「赤とんぼ」の歌詞にも出てくるので…という理由で
今頃のご紹介(笑)

残暑厳しいですが、
水分と栄養をしっかり摂って、
夏の疲れに負けないように。
[PR]
by yukazou-t | 2013-09-01 23:13 | 幸せになる野菜・果物 | Comments(0)